介護現場に必要なシステム

main-img

高齢化社会を迎える中で、介護の世界で活躍できる各種ソフトや、システムの構築などが必要になっています。現場でどのような時に使うのか、利用シーンをしっかり考えて開発された商品で、福祉の現場でも話題を集めています。
利用目的や、どのような時に、どの種類のシステムやソフトを利用するべきか、しっかりと判断することが重要です。
例えば、主に流通しているツールとして、タブレット端末を利用したシステムの構築です。
スタッフの現場での仕事の負担を軽減したり、人件費の削減にもつながるとして、より、業務が円滑に進むように開発された商品です。


介護の現場で起こり得る様々な場面を想定して、開発されていて、利用しやすい操作性も、スタッフから好評を得ています。



例えば、訪問介護や、看護などに必要な時に使うアプリでは、今までの訪問記録などの手書き情報を、端末を使って簡単に行え、更にデータ等をまとめて、本体へ記録したり、送信が可能です。

満足度の高い朝日新聞デジタルに関する情報が満載です。

更に、訪問をしたスタッフのスケジュールや、入室時間と退室時間なども、端末から入力するだけで、担当者のスケジュール確認や、タイムスケジュールの管理ができます。
更に、一日のスケジュール表などもタブレットからプリントアウトすることができるので、出先でも必要な時にすぐに資料を印刷できるなどのメリットがあります。



他にも様々な機能を持つソフトや、システムが開発されており、介護の現場の作業の効率があがる良いツールとして、注目を集めています。

身に付けたい知識

subpage1

現在日本では、高齢者の数が伸び続けています。それに伴い、国が出費する介護料も増加の一途を辿っています。...

more

技術コラム

subpage2

高齢化社会に入った日本において、これからの高齢者を支える施設や、病院は非情に重要な役割を果たします。また、様々な業務をまとめるシステム構築も非常に重要になります。...

more

予備知識

subpage3

日本で介護を支えているのは介護保険のシステムです。民間の保険会社が商品として販売しているものもありますが、ここでは公的保険のことを意味しています。...

more

サポート情報

subpage4

介護事業所を立ち上げたばかりという方は、職員やスタッフ数も揃わない為にケアマネから事務処理を全て管理しなければならない場合もあります。事務ソフト導入する場合、低コストで初期費用が発生しないASP型事務ソフトを選ぶといいでしょう。...

more