介護のシステムは複雑です

現在日本では、高齢者の数が伸び続けています。



それに伴い、国が出費する介護料も増加の一途を辿っています。ですので、年金制度というものが最近は抜本的に見直されという事態になってきています。
政府が進める改革の一つが、40代以上の働ける年代の人間が払う、保険料の引き上げです。
近年では、この保険料が月額2500円から5000円に引き上げられました。


また、介護の現場では人出不足も深刻な問題です。

介護の現場は非常に厳しい職場環境なので、離職率も非常に高いです。
介護業界の企業はどのようにして、人材を確保していくかということに頭を悩ませています。このように、成り手がいない現場ですので、介護の現場に流入してくる人材は劣悪です。政府が、雇用の創出を図って打ち出した政策の一つに、無料で、ホームヘルパー2級の資格をとれるという講座を開くというシステムがありました。

評価の高い毎日新聞に関する企業の一覧です。

しかし、集まってきたのは、どのような職場に行っても通用しないような、ワガママで、コミュニケーション能力の低い仕事に向かない人達ばかりでした。


そうした人材が、資格を取り、こうした現場にでることで、現場はますます混乱しました。


このような使えない人材を雇用しないといけないというように、こうした現場は非常に困窮しているのです。

こうした状況を改善するためにはシステムを良くする必要があります。



例えば、現場実習を、講座の中に組み込むなどのことです。

こうしたシステムの改善が、こうした現場の労働環境を良くするでしょう。