介護の事務ソフトは、状況によって変える事もできる

介護事業所を立ち上げたばかりという方は、職員やスタッフ数も揃わない為にケアマネから事務処理を全て管理しなければならない場合もあります。


事務ソフト導入する場合、低コストで初期費用が発生しないASP型事務ソフトを選ぶといいでしょう。



介護事業所を運営するにあたって、低価格である為機能性が低いと考え、初期費用が高いパッケージ型を最初に投資する必要があると考える人もいます。

産経ニュースの専門知識を身につけましょう。

ですが、心配する必要ありません。

初期費用が0円で月額料金が数千円であったとしても、内容は充実しています。

初期費用が必要のないASP型事務ソフトには、数か月お試しでソフトを使用できる会社もあります。

ASP型事務ソフトには、様々なレセプトに対応できる機能の他、介護利用者様の基本情報管理、国保連に提出しなくてはならない計画書、利用者様にお渡しするシフト表や、将来増えるスタッフと利用者様のスケジュール管理等、シンプルでありながら必ず必要となる機能が充実しています。
ただし事業所を利用する方や、スタッフ、職員が増えて事業が拡大したとき、また更にランニングコストダウンの為にパッケージ型でソフトを購入しようと考えたとき、ソフトを乗り換える事も可能です。実際に、各事業所でソフト乗り換えをされているケースがあります。乗り換え理由は、現在使用中よりも他社のソフト使いやすいから、コスト的に楽といった理由以外に、事業所内の変化に応じて切り替えるといった声もあります。事業所を立ち上げたばかりの時には、経費削減が一番気になる部分ですが、介護業界も年々変化します。

その時期にあった形で、一番ぴったりなソフトを利用する事が望ましいでしょう。