ホルモンバランスの乱れやストレス、紫外線の影響により薄毛や抜け毛といった症状に悩まされる人は少なくありません。

近年では男性のみならず女性もこうした疾患を抱える人は多く、皮膚科や婦人科を初めとした医療機関で相談に来るケースが見られます。

20から30代の女性患者も増加の傾向にあり、ヘアカラーやパーマ、無理なダイエットが原因で抜け毛や薄毛を発症させます。

ダイエットは身体のホルモンバランスを乱し、頭髪加工は頭皮に刺激を与え双方とも髪に負担を与えるのでこうした疾患に繋がります。薄毛や抜け毛で見栄えが悪くなった頭皮を一番早く対策できる手段として、ウィッグが挙げられ現在ではテレビや雑誌などで販売、宣伝されることが多々あります。

医療品を例に挙げると既製品なら数千円、フルのオーダーメイドなら数十万円とウィッグの価格は異なります。

しかし一般にこうした商品の寿命は平均して2から3年と言われ、扱いによっては長くも短くもあります。多くの人は正しい使い方をして長くウィッグを使い続けたいと考えるでしょう。
一番失敗しない方法としては美容室やサロンに依頼すれば良いですが、金銭面での負担が大きいというデメリットが挙げられます。

自分でメンテナンスをするのであればいくつか注意する点があり、まずは普段から髪についたホコリや汚れを落とす習慣を付けましょう。


外出後などカツラを外したらすぐにブラッシングすることが必須であり、この時決して逆立てないように毛の流れに沿って行うと効果的です。

しかしブラッシングだけでは長期的な使用によって、汗や汚れが吸着する可能性もあります。

その場合はぬるま湯に浸しておくと良く、カツラ全体が浸るくらいの量が目安です。

今現在販売されているカツラの多くはアクリル繊維という人口製が主流であり、これらは熱や摩擦に弱い性質があるので熱いお湯には浸さないようにしましょう。

浸した後は普段使ってるシャンプーで丁寧に洗う必要がありますが、この時柔軟剤を使用するとゴワつき防ぐことが可能です。


シャンプーが終わればコンディショナーでケアをしてす濯いだら、ドライヤーにかけずタオルで水分を除きヘアスタイルを整えたら自然乾燥させましょう。直射日光には弱いので、乾燥させるのなら室温が高く空気の流れのよい場所に保管するように心がけましょう。この時型崩れをしないように可能ならばマネキンのようなものが良いですが、帽子や丸い突起物にかけて乾燥させても構いません。


髪は女性の命とも呼ばれるので、ウィッグでも手入れはやや手間がかかるように思われます。

それでも長く低コストで商品を使い続けるのならこうした手順は踏むべきでしょう。
それでもカツラはあくまで一時しのぎでしかなく、再び頭皮から毛が生えることはありません。

なので薄毛や抜け毛の完治を考えるのなら医療機関で植毛治療考える方が良いでしょう。
また頭皮トラブルになる原因である生活習慣を見直すだけでも症状悪化を防ぐことが可能です。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/479798.html
http://smany.jp/9581
http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/oricon-oric2071118/1.htm